#柴山昌彦 文部科学相 の失言・失態が(だいたい)わかるまとめ #自民党政治検証

 We Remember You. 安倍内閣と自民党の失言・失態・不祥事のまとめ #自民党政治検証にもどる

柴山昌彦文部科学相

2012年6月28日

portirland.blogspot.com

 

f:id:odd_hatch:20181004162935j:plain

2015年3月3日

 

f:id:odd_hatch:20181002212544j:plain

f:id:odd_hatch:20181005162653j:plain

f:id:odd_hatch:20181005162701j:plain

news.livedoor.com

t.co

t.co

2018年4月27日

matome.naver.jp

2017年12月

f:id:odd_hatch:20181003085755j:plain

設立20周年 « 日本会議

 

f:id:odd_hatch:20181004143841j:plain

f:id:odd_hatch:20181004170328j:plain

 2018年10月3日

f:id:odd_hatch:20181003095258j:plain

f:id:odd_hatch:20181003095305j:plain

柴山昌彦文部科学相は2日の就任会見で、教育勅語に関し「同胞を大切にする、国際的協調を重んじるといった基本的な記載内容について現代的にアレンジして教えていこうと検討する動きがあると聞いており、検討に値する」と述べた。/ 教育勅語を巡り政府は2017年3月、「憲法教育基本法に反しないような形で教材として用いることまでは否定されない」とする答弁書閣議決定し、野党が批判。同4月には「政府として教育の場における活用を促す考えはない」との答弁書閣議決定した。/ 会見で柴山氏は、過去に戦後教育や憲法のあり方が「バランスを欠いていた」とツイートした点についても説明。「教育では権利、義務、規律をバランスよく教えることが求められるという趣旨だ」とした。」

www.nikkei.com

2018年10月5日

mainichi.jp

 2018年10月15日

柴山昌彦文科相小渕優子氏を彷彿させる公選法違反疑惑浮上
政治団体「しばやま昌彦後援会」の同年の報告書を見ると、しばざくら懇親ツアー分としてバスのチャーター代、弁当代やお茶代、入園料など合計約120万円支出されていた。参加者約260人だから経費は1人5000円近い。/ ところが、報告書にはツアー代の収入が計上されていない。この年、後援会には1965人の後援会員から集めた会費約620万円や寄附などの収入があり、そのカネで懇親会ツアーなどの経費を賄ったことが読み取れる。公益財団法人「政治資金センター」理事の上脇博之・神戸学院大学法学部教授が指摘する。/「現職の国会議員が後援会の催しで酒食を提供すれば公選法違反の饗応・接待にあたる。1000円の弁当を出して900円集めてもアウトになる。柴山氏のケースでは、弁当代、浜離宮庭園の見学のバス代も後援会費とは別に実費を取った上で、正確に報告書に記載していなければ違法です」」

headlines.yahoo.co.jp

2018年11月1日

 

 2018年12月7日

不正入試問題 一部入学認めず 東京医大

柴山昌彦文部科学相は7日の閣議後記者会見で、東京医科大が希望者の一部の入学を認めなかったことについて「落ち度がないのに不安定な状況に置かれ、その上で不合格となった方がいるのは大変残念だ」と述べた。(共同)」

不正入試問題 一部入学認めず 東京医大 - 毎日新聞

2018年12月8日

 

f:id:odd_hatch:20181211212551j:plain

 「柴山氏は7日の東京医科大の発表を受けて、投稿した。自らの対応を「行政側の責任者なのに、人ごとのような発言」と批判するツイートに返信する形で「彼女たちは仮に公正な試験が実施されても合格できなかった方々で、その救済策はまず大学に検討いただくのが筋だと考えます」と記した。」

www.asahi.com

 2019年1月15日
改めて自身の潔白主張、五輪招致疑惑でJOC竹田会長

「 2020年東京五輪パラリンピック招致を巡る不正疑惑で、日本オリンピック委員会JOC)の竹田恒和会長(71)が15日、東京都内で記者会見し、改めて身の潔白を主張した。フランス司法当局が捜査中であることを理由に質疑は受け付けず、会見は7分で終わった。/ 桜田義孝五輪担当相は閣議後の記者会見で「(疑惑が報じられて)イメージはよくない。非常に残念というのが率直な思い」と述べ、柴山昌彦文部科学相は「竹田氏の説明を信じて、引き続き五輪の準備を進める。フランス当局、IOCの動向を注視したい」と語った。」

mainichi.jp

 

2019/6/25