#小渕優子 元経済産業大臣・現群馬県自民県連会長の失言・失態が(だいたい)わかるまとめ #自民党政治検証

http://odd-hatch.hatenablog.com/entry/2017/11/01/000000:title=We Remember You. 安倍内閣自民党の失言・失態・不祥事のまとめ #自民党政治検証]にもどる

  f:id:odd_hatch:20190411102411j:plain

 2014年11月27日

小渕氏13年政治資金/明治座入場料も食事代も馬鈴薯代も――/企業献金と税金が原資

「「収入は税金と企業献金に依拠。観劇代は持ち出し」―。26日、群馬県選管が公表した2013年の政治資金収支報告書で、小渕優子経済産業相の政治資金の実態が浮き彫りになりました。/ 小渕氏は、支部長を務める「自民党群馬県第五選挙区支部」とは別に、関連の政党支部自民党群馬県ふるさと振興支部」があり、両団体であわせて3700万円を超す企業・団体献金を集めていました。/ ふるさと振興支部は、本紙(9月18日付)が、いち早く小渕氏の第3の“財布”として報じたもので、幅広く企業・団体献金を集める窓口。選挙区支部以外に関連政党支部を持っている政治家は珍しく、20年前、政党助成金を導入する代わりに企業献金を禁止することを決めた「政治改革」に逆行するものです。/ 第五選挙区支部は、3446人から57万5500円の「党費」を集める一方、6回にわたって計1200万円を自民党本部から受け取っていますが、すべて国民の税金である政党助成金です。「観劇代」収入も352万4000円計上していました。」

www.jcp.or.jp

f:id:odd_hatch:20171003160544j:plain

2014年10月20日

ドリルでHDD破壊…検察を本気にさせた小渕優子

東京地検小渕優子衆院議員の“全面対決”に突入するのか。小渕事務所のデタラメ政治資金問題で、特捜部が10月に政治資金規正法違反容疑で元秘書の折田謙一郎前中之条町長(66)宅や後援会事務所などを家宅捜査した際、会計書類を保存したパソコンのハードディスクが破壊されていたことが分かった。/ 壊された複数のハードディスクには、ドリルなどの工具で穴を開けた形跡が見つかったという。/「パソコンのデータは画面上で消去しただけでは完全に消せません。簡単に復元できてしまう。しかし、物理的に壊すと復元は難しくなる。ドリルを使って入念に壊したということは、保存してあったデータを何が何でも処分したかったのでしょう」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)/ 小渕事務所は特捜部の強制捜査が入った当時、「捜査に協力するように指示している」と説明していたが、大ウソだった。「証拠隠滅」を図ったのは明らかだ。いったい、小渕事務所は、何を隠したかったのか、保存してあったデータは何だったのか。」

www.nikkan-gendai.com

f:id:odd_hatch:20171003160548j:plain

f:id:odd_hatch:20190411102438j:plain

www.youtube.com

小渕経産相、松島法相がダブル辞任—安倍政権に大きな打撃

小渕優子経済産業相は2014年10月20日午前、後援会など関連する政治団体の不透明な資金処理をめぐり、また松島みどり法相も同日午後、選挙区内での「うちわ」配布問題で刑事告発されたことを理由にそれぞれ辞任した。第2次安倍内閣は、女性閣僚のダブル辞任で、大きなダメージを受けた。/ 安倍晋三首相は、辞表受理後、記者団に「任命責任は首相の私にある。国民に深くおわび申し上げる」と陳謝した。/ 今回の辞任劇は、2012年12月に第2次安倍内閣発足以降、初の閣僚辞任であるだけでなく、安倍晋三首相が9月の内閣改造で掲げた「女性の活躍」の象徴的な女性閣僚人事だっただけに、今後の政局運営に大きく影響する。/ 小渕氏の辞任の理由は、自身の政治資金管理団体や後援会の不透明な資金処理。週刊誌記事の指摘で表面化したが、問題にされたのが、後援会の政治資金収支報告書に記載された、都内で行われた観劇会の「入場料、食事代」などで、本来参加者が負担すべき費用を政治団体などが肩代わりしたこと。これは、公職選挙法が禁止する有権者への寄付にあたる。/松島氏は選挙区内でうちわを配布したことについて、野党の民主党議員から公選法違反の疑いで東京地検に告発をされていた。」

www.nippon.com

f:id:odd_hatch:20171003160551j:plain

2015年4月29日

小渕優子はなぜ立件されなかったのか? 特捜部の不自然な捜査、結論を知っていた官邸…

「ある程度は予想していたが、まさかここまで何もないとは……。小渕優子・前経済産業大臣の不透明な政治資金処理を捜査していた東京地検特捜部が小渕氏本人の立件を見送り。金庫番の折田謙一郎・前群馬県中之条町長ら元秘書2名を政治資金規正法違反(虚偽記載)で在宅起訴することを発表した。検察の捜査に詳しいジャーナリストもこう驚く。/「いまの検察の体質を考えると、立件するのは折田氏ら秘書だけ、というのは想定内ですが、容疑が政治資金規正法の虚偽記載だけとは意外です。少なくとも公職選挙法で秘書を起訴して、連座制の適用で小渕氏を公職停止に追い込む可能性はあると見ていたのですが……」/ この事件はそもそも、小渕氏の後援会が行っていた支援者向けの「観劇会」で後援会が支払った支出が支援者から集めたとされる収入総額を大幅に上回っていたことが判明。小渕サイドが費用の一部を負担していた可能性が浮上し、公職選挙法違反の寄付行為、有権者の買収にあたるのではないか、と大きな問題になったものだ。/ また、その過程で、小渕氏が有権者に自分の顔写真をラベルにしたワインを贈っていた事実も浮上。小渕氏の事務所が疑惑を報道された直後にパソコンのハードディスクをドリルで破壊し、証拠隠滅を計っていたことも明らかになった。/ ところが、今回の特捜部の捜査では、いつのまにかこうした疑惑がすべてなかったことになってしまった。観劇会についても、政治資金収支報告書に記載できなかった簿外支出を帳消しにするため、観劇会の収入を少なく記載して「つじつま合わせ」しただけ、という小渕サイドの主張がそのまま認められたかたちになった。/ しかし、実際の政治資金収支報告書を見ると、観劇会については収入だけでなく、支出も少なく記載されており、単純に「簿外支出を帳消しにするためのつじつま合わせ」とは考えにくい。/ また、仮にこれが有権者への買収ではなくつじつま合わせだったとしても、問題はその政治資金収支報告書に記載されなかった簿外支出の中身だ。今回の発表の直前、小渕氏の資金管理団体「未来産業研究会」が後援会や関係政治団体に計8800万円の寄付を架空計上していた事実が判明しているが、こうした政治資金がウラ金としてばらまかれていた疑惑も浮上している。」

lite-ra.com

2015年9月14日

「間違いありません」 政治資金規正法違反認める 小渕優子氏の元秘書ら初公判 東京地裁

小渕優子経済産業相(41)の関連団体の政治資金収支報告書に嘘の記載をしたとして、政治資金規正法違反(虚偽記載・不記載)罪で起訴された元秘書で前群馬県中之条町長、折田謙一郎被告(67)は14日、東京地裁の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。/ 起訴状によると、折田被告は事務所関係者と共謀して、「未来産業研究会」「小渕優子後援会」など小渕氏関連4団体の平成21~25年分の収支報告書について、架空の寄付金を団体間で計上したり、支援者向けに開いた「観劇会」の収支を改竄(かいざん)したとされる。虚偽・不記載の総額は約3億2千万円に及ぶ。/ 事件をめぐっては問題発覚後に小渕氏が閣僚を辞任したが、議員辞職はせず昨年12月の衆院選でも自民党の公認を受けて当選。東京地検特捜部が嫌疑不十分として小渕氏を不起訴としたが、不起訴処分は不当として同法違反罪などで小渕氏らを告発していた「市民オンブズマン群馬」が検察審査会検審)に審査を申し立てている。」

www.sankei.com

2015年10月9日

小渕氏の元秘書らに有罪判決 政治資金規正法違反事件

小渕優子経済産業相の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、同法違反(政治資金収支報告書の虚偽記入)の罪に問われた元秘書ら2人の判決公判が9日、東京地裁であった。園原敏彦裁判長は元秘書の前群馬県中之条町長、折田謙一郎被告(67)に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)の有罪判決を言い渡した。/資金管理団体の元会計責任者、加辺守喜被告(62)は禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)とした。2人はいずれも起訴内容を認め、執行猶予付き判決を求めていた。」

www.nikkei.com

2015年11月30日

政治資金不正の小渕元経産相/4団体で1.7億円カネ集め/企業献金政党助成金どっぷり

「3億円を超す虚偽記載があったとして、元秘書2人が政治資金規正法違反の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた自民党小渕優子経済産業相衆院群馬5区)が、2014年も四つの関連政治団体で、あわせて1億7000万円近いカネを集めていたことが、総務省群馬県選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書でわかりました。」

www.jcp.or.jp

 

2019年4月10日

自民党 県連会長に小渕優子氏 無投票で女性初の選出

山本一太参院議員(61)の知事選転出に伴う自民党群馬県連会長選で、県連は9日、立候補を受け付け、小渕優子衆院議員(45)のみが届け出て、無投票で当選を決めた。任期は同日から2年間。県連によると、女性県連会長は初で、故小渕恵三首相に続く親子での会長就任も初となる。/ 小渕氏の下、今夏の知事選と参院選も見据えた体制づくりを急ぐことになる。当選後、小渕氏は「県議選では現職の落選や低投票率など多くの課題を残した。結果を真摯しんしに受け止め、予定される参院選・知事選に一丸となって臨みたい」とのコメントを出した。」

www.jomo-news.co.jp