#秋元司 環境副大臣の失態が(だいたい)わかるまとめ #自民党政治検証

We Remember You. 安倍内閣と自民党の失言・失態・不祥事のまとめ #自民党政治検証にもどる

 

秋元 司(あきもと つかさ、1971年10月23日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣府副大臣兼環境副大臣(第4次安倍改造内閣)。

ja.wikipedia.org

f:id:odd_hatch:20190417212021j:plain

2017年7月20日

消えた寄付金 秋元司副大臣の政治資金はブラックボックス

自民党議員の政治資金管理のズサンさは、内閣を改造してもゴマカせない。国交、復興、内閣府の各副大臣を兼任する秋元司衆院議員(45)。2014年の衆院選前後に受けた寄付が“ブラックボックス”状態になっているのだ。/ 秋元氏が所属する二階派政治団体志帥会」の政治資金収支報告書(14年分)には、7月10日と11月20日、秋元氏が代表を務める政党支部に対し、それぞれ100万円ずつ寄付したと記されている。ところが、秋元氏の政党支部の収支報告書(14年分)には、志帥会からの寄付受領について一切の記載がない。/ さらに、支部と同じビル内に事務所を構える政治団体「秋元司後援会」の14年分の収支報告書には、11月25日に「日本チェーンドラッグストア協会政治連盟」から100万円のパーティー券収入を受けたとの記載がある。しかし、同政治連盟の14年分の収支報告書には、当該支出についての記載はない。」

www.nikkan-gendai.com

2018年11月1日

環境副大臣に“環境破壊の企業”から献金… 「秋元司」のブラックジョーク

「環境行政を司る役所の副大臣ともなれば、自然を慈しみ地球への負荷を減らすべく奔走する――そんなイメージを抱きがちだが、今回はまるでニュータイプの登板だ。何しろ、地元でNOを突きつけられた太陽光発電所の建設を目論む業者から献金を受けていたのだから。/ 安倍内閣は10月4日の臨時閣議で、新たな副大臣を決定した。環境副大臣に就任したのは秋元司衆院議員(47)。これまで国交副大臣などを務めてきたが、これといった人物像を描けないむきも多かろう。政治部記者に聞くと、/「彼は『ダンス文化推進議員連盟』の事務局長を務めていることもあり、音楽業界と付き合いが深い。そうした連中としばしば、六本木で派手に遊んでいます。また、10月上旬に政策秘書が事件に巻き込まれて解雇されたという噂が永田町で一気に広まりました。秋元事務所は“病欠”としていますが、後援会幹部が後始末を話し合ったとも言われています」/ いかなる評判であれ、環境に優しい政策を立案してくれれば大いに結構である。ところが、/「彼は大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する事業者と付き合いが深いのです」(自民党関係者)/ 実際に副大臣政治資金収支報告書によれば、2016年5月の政治資金パーティーの際、「秋元司後援会」は、件の業者から150万円の献金を受けている。」

www.dailyshincho.jp

 

2018年12月20日

内閣府副大臣の「闇パーティー疑惑報道」を本人に直撃!

「環境副大臣内閣府副大臣を務め、自民党中堅としてのポジションを確かなものにしている秋元司代議士の周辺が揺れている。/ 「秋元代議士の政策秘書が逮捕されたという情報がある。聞いてないか」/ 週刊誌編集部からそんな問い合わせを受けたのは、10月12日の午前中だった。旧知の秋元事務所関係者に問い合わせたところ、「入院治療中で携帯の電源を切っていたことからそんな情報が流れたらしい。捜査なんてないし、秋元先生はいつでも取材に応じる」という返事。逮捕は違っていたが、捜査の可能性は否定できなかった。/ 12月9日には、『しんぶん赤旗』(日曜版)が、「闇パーティー疑惑」を報じた。/ 問題としたのは、昨年の衆議院選(10月22日)直前の10月4日と、選挙後の11月29日に都内で開かれた「秋元司君を囲む会」。最初が、約30人の出席者がテーブルに付くスタイルで会費が3万円、2回目が、約50人が出席した立食パーティーで会費が2万円だった。「闇」というのは、ご祝儀として20~40万円が渡されたのに、政治資金としての届け出がなく、収支報告書に記載されていないからだという。」

gendai.ismedia.jp

2019年4月1日

留学生不明の東京福祉大 創設者 秋元副大臣(自民)に献金

自民党の秋元司内閣府副大臣が3年間で計1400人もの外国人留学生が「所在不明」となっている東京福祉大学の創設者から50万円の献金を受けていたことが31日、本紙の調べでわかりました。秋元氏は、同大学の運営する学校法人の理事を務めたことがあり、秋元氏と大学の関係が問われます。/ 秋元氏に献金したのは、東京福祉大学の創設者で元総長だった人物です。元総長は2008年1月に強制わいせつ事件で逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けました。元総長について同大学は「現米国大統領ドナルド・トランプ氏のフォーダム大学の同窓生」と文部科学省に説明しています。/ 政治資金収支報告書によると、秋元氏が代表を務める「自由民主党東京都第十五選挙区支部」は2014年に元総長から50万円の献金を受けていました。/ また秋元氏は、同大学の客員教授と学校法人の理事を兼任していました。同大学のホームページには秋元氏の「政治、経済の分野をみなさんに教えます」というコメントが紹介されています。/ 本紙の取材に秋元氏の事務所は「大学の理念に賛同し理事を拝命いたしましたが、平成29年(2017年)に副大臣就任以降、理事活動を停止しております」としています。献金については「政治資金規正法に基づいた寄付だと認識しております」と答えました。/ 同大学をめぐっては、文科省法務省が26日に立ち入り調査を行い、留学生の受け入れ体制などの調査が行われています。

www.jcp.or.jp

www.youtube.com

 

2019年4月17日

弁護士法違反の疑い 秋元環境副大臣東レ社長に「1.2億円借金取立て」

「今年2月に発覚した東レの巨額不正取引事件。この事件に関連して、秋元司・環境副大臣が、東レの日覺昭廣社長に1億2000万円の支払いを求める電話をかけていたことが「週刊文春」の取材で分かった。/ 不正取引事件の舞台となったのは東レの水処理システム事業部だ。/「2016年、東レバングラデシュで受注した総額約15億円の水処理装置の販売事業が、テロ事件による治安の悪化などで頓挫。すでに水処理装置の製造が進んでおり、決算上の問題で大量の在庫をどう処理するかが喫緊の課題となった」(社会部記者)/ 不正取引は、この在庫を、東レと取引のある代理店がいったん買い取った後、都内のコンサル会社「O」が引き取るというスキームで行われることになった。一昨年の秋以降、O社は総額5億6000万円で在庫を買い取るが、そこで問題が起きる。/「資金調達が難航し、結局、O社に買い取り資金を出すことになった会社の一つが、L社でした。O社はL社から2億4000万円の融資を受けたものの、貸借期間は2カ月で、月利は10%という法外な条件でした」(O社の関係者)/ 実は、L社は貸金業の登録もなく、法定金利を遥かに超える高利で貸付を行なういわば“ヤミ金業者”だった。O社は、昨年7月27日、2億4000万円の借金のうち、1億2000万円を返済。さらに、残金を返済に向けて、動いていた最中に登場したのが、衆院議員で当時国交副大臣の秋元氏だった。/ 8月9日、秋元副大臣はL社の“代理”として、東レに対し、借金を返済するよう求めたのだ。秋元氏が電話をかけた相手は、東レの日覺社長だった。」

bunshun.jp