維新・丸山穂高衆院議員「北方領土は戦争で取り返せ」発言、その後

2019年5月13日 「北方領土は戦争で取り返せ」維新・丸山穂高衆院議員、酒に酔って元島民に発言にもどる

 

2019/5/16に辞職勧告決議案が提出されて以降の情報です。

f:id:odd_hatch:20190518214016p:plain

2019年5月16日

葛飾区議のツイッターが炎上 維新の会除名の丸山議員を「謝罪するな」と擁護

「東京都葛飾区議の鈴木信行議員(53)のツイッターが批判の書き込みで炎上している。鈴木区議は北方領土を戦争で取り返すことの是非を元島民に問いかけ、日本維新の会を除名となった丸山穂高衆院議員(35)について、「丸山穂高は良いこと言ったのだから謝罪するな!島返還には、核武装した上で、戦争をする覚悟が必要」と擁護するツイートを14日に更新。この発言にネット上では、「こんなことを言える人が区議ですか… 選挙の前にちゃんと公言しましたか?私は相手が気に入らなければ戦争したいですと。知らされずこの人に票を入れた人達が泣くか、もしくは同じ感覚の人達なのでしょうか?ただ言えることは自分の選挙区にこんな人が隠れていないことを願う」、「自分自身と一族郎党を引き連れて最前線に出陣をして下さいね。 それだけ威勢の良い事言って、安倍政権の努力を水泡に帰すつもりなのですから、相応の代償を支払わなければならない覚悟があるのでしょうしね」と批判のコメントが殺到した。/ 鈴木区議はその後もツイッターで、「批判している皆さんはブログ読んでいるのか?『核武装して戦争する覚悟がない限り、島を取り返すことはできない!』で正しいだろう。国の姿勢を言っているんだ。批判するなら対案はあるのか?」、「鈴木信行は竹島奪還は武力を使わなくとも外交圧力で脆弱な韓国経済を疲弊させ崩壊させて実現させると言ってきている。尖閣諸島自衛隊駐留には反対した。中国を利するからだ。他国と戦争すると言ったことないよ。海軍力を強化して恐れられる日本海軍をつくるでいいだろう。間違っているかい」と批判のコメントに対して反論のツイートを次々に更新した。/ 鈴木区議は17年11月の東京都葛飾区議会議員選挙に無所属で立候補。2587票を集め、36位(定数40)で初当選を果たした。同年12月に「維新政党新風東京都本部」から改称した「日本国民党」の代表に就任。同党は自主憲法制定と自主国防体制の確立、日韓国交断絶、外国人への公金支出廃止などを政策に掲げている。」

www.impression-company.com

 

2019年5月18日

丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

「北方4島ビザなし交流の訪問団の一員として同行した際に「戦争」発言をして日本維新の会から除名された丸山穂高衆院議員。国会では議員辞職勧告決議案も取り沙汰されているが、本人は無所属で政治活動を続ける意向らしい。潔く辞めるべきは言うまでもないが、丸山氏には国会議員職にしがみつきたい“事情”がありそうだ。/ 日刊ゲンダイは16日発売号で、丸山氏の「国費2000万円 ちょろまかし疑惑」を報じた。丸山氏は、国会議員に月100万円支給される「文書通信交通滞在費」(文通費)の一部を〈駐車場代・複合機リース費・等〉といった名目で、自身が代表の資金管理団体穂高会」に繰り入れ。15年10月から17年末まで、毎月74万~90万円を穂高会に移し、その合計額は2000万円超に上っている。ところが、穂高会の収支報告書には「複合機リース代」などに当たる支出について、一切の記載がない。使途不明状態になっていたのだ。」

www.nikkan-gendai.com

戦争発言で辞職勧告された丸山議員は雲隠れ「酒飲まないとナヨナヨしていた」と地元議員〈週刊朝日

「お酒の席でヒヤヒヤする発言も多かったという。/「戦争発言ほどじゃないが、『弱腰ではダメだ』『専守防衛というだけではいけない』という発言もあった。酒を飲むと人が変わってしまうんですね。15年のトラブルの後、しばらくは飲んでいなかった。酒席でも、お茶や水でしたよ。もともと酒はそんな強くないです。それが今年になってからビールを少し飲むのを見たことがある。禁酒はどうなったんだろうと思っていたら、こんなことになった」/ 前出の議員によると、15年の飲酒騒動の時は「丸山先生もまだ若いし、しゃあないわ」と擁護する声が地元ではかなりあったという。/「しかし、今回の騒動では維新の支持者から『どうなっとるねん』『こらすぐ丸山のポスターをはがせ』と怒りの電話が殺到。維新の市議、府議や関係者は丸山氏のポスターをはがすのに必死です。丸山氏に連絡を取っているのですが、まったく応答がない。地元の事務所にも誰もいません。4月の統一地方選では、維新は大勝利でした。その勢いで6月の堺市長選、7月の参院選でも勝てると思っていた。だが、丸山氏の戦争発言で全部、吹っ飛んでしもうた。おまけに、丸山氏は市長選が行われる堺市の出身ですわ。相手に攻撃される格好の材料を提供してしまった。自爆ですよ…」(前出の地方議員)/ 支援者にも見放された丸山議員は今後、どうするのか。」

headlines.yahoo.co.jp

5/18には丸山穂高議員が連絡の取れない状況になっているという情報がでました。

matomame.jp

2019年5月20日

戦争発言の丸山氏「絶対辞めない」=維新幹部を非難

「戦争による北方領土奪還に言及し、野党6党派に辞職勧告決議案を提出された丸山穂高衆院議員は20日、「言論府が自らの首を絞めかねない行為だ。絶対に辞めない」と述べ、改めて議員辞職を否定した。国会内で記者団の質問に答えた。/ 「戦争」発言を受け、丸山氏が所属していた日本維新の会片山虎之助共同代表らは17日、在日ロシア大使館でガルージン駐日大使に会い、謝罪した。これについて丸山氏は「北方領土を不法に占拠しているのはロシアだ。誤ったメッセージを送りかねない」と非難した。/ また、維新の松井一郎代表(大阪市長)が19日に自らのツイッターに丸山氏のことを「アルコール依存症」と書き込んだことに対し、「どういう形で断定したのか」と述べ、撤回と謝罪を求めた。」

www.jiji.com

 

丸山議員「公式の場で申し上げたことではない」反論
「戦争による北方領土の奪還論を口にして日本維新の会を除名され、野党から議員辞職勧告決議案を提出された丸山穂高衆院議員(35)は20日昼、国会内でこの日2度目の取材に応じ、「謝罪すべきは、あの場での不適切さと、島民の皆さんに配慮を欠けたことであって、ロシアに対してではないと考えている」と、主張した。/ ビザなし訪問団の1人として訪れた国後島で、一連の発言をした丸山氏は、「あの場ではあらゆる話をしたし、私を含めていろいろな議論をした。議論をしている中の1つ(の発言)であるし、何ら公式の場で申し上げたことではない」と述べた。/ その上で「そもそもわが国公有の領土である北方領土を不法に占拠しているのは、ロシア側だ。それに対して謝罪するというのは間違っていると思う」と、持論を述べた。/ 元島民への謝罪に出向く可能性については「何度も現地で謝罪した。団長にも何度もその話をした。今行くと、ご迷惑をかけるので差し控えたい」と述べた。/ 議員辞職については、「何度も申しているが、この時点で辞職することは逆に、言論の府において、おかしなことになると思っている」とあらためて否定。「毎期、毎期、次の期(に選ばれた際の)のことは考えたことがない。この期をまっとうする」と述べた」

www.nikkansports.com

2019年5月21日

 

“戦争発言”の丸山穂高氏、今度は合コンで女性の胸を鷲づかみ報道!

「5月20日発売の「週刊現代」が、衆院議員の丸山穂高氏の性的ハラスメント疑惑を報道。酒に酔うと発言だけでなく、行動も常軌を逸するようだ。/ 丸山氏は5月11日、酒に酔った状態で「戦争でしか北方領土は取り戻せない」といった趣旨の暴言を発し、各方面から非難が集中。これを受けて14日、日本維新の会は丸山氏の除名処分を決定した。/ 酒を飲み過ぎたのか、北方領土に対して強硬手段を掲げた丸山氏だが、強気の攻めは女性に対しても同様のようだ。「現代」によると、トラブルが起きたのは2014年。当時、丸山氏と合コンをしたというA子さんが事の顛末を同誌に話している。/「A子さんによると、合コンのメンバーは丸山氏を含めた男性3人と女性3人。一次会では、丸山氏は紳士的な対応だったようです。ところが、丸山氏が二次会のバーでワインを急ピッチで飲み始めてから、事態はまさかの方向へ。丸山氏は突然、隣の女性の胸を鷲づかみにしたというではありませんか。女性は丸山氏を平手打ちし、『やめてください』と叫んで抵抗。しかし、丸山氏は『誰がお前なんかの、ない胸を触るか!』と逆ギレし、グラスワインをこの女性にかけたとか。挙げ句の果て、周りの男性から押さえつけられた丸山氏は喚き声を上げたあと、失神。タチが悪すぎますね」(芸能記者)/ 5月15日放送のバラエティ番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演した元衆院議員の宮崎謙介氏は、丸山氏と過去に飲んだときのエピソードを披露。/ 「宮崎氏によると、丸山氏は以前からケンカっ早く、街中で取っ組み合いになり、相手に噛み付いたこともあるようです。噛みつくクセがあると、宮崎氏は語っていましたね」(芸能記者)/ 噛みつくだけでなく、お触りグセもあったのだろうか。」

asagei.bizf:id:odd_hatch:20190522130730p:plain

2019/5/23 日本テレビ「スッキリ」

その他の報道

f:id:odd_hatch:20190523154028p:plain

f:id:odd_hatch:20190523154201p:plain

 

 

2019年5月22日

道議会、戦争発言に批判決議 全会一致、外交での解決を確認

丸山穂高衆院議員が戦争による北方領土返還を元島民に質問した問題で、北海道議会の全会派は22日、発言を批判し、外交による領土問題の解決を目指すことを確認する決議案を臨時議会に提出し、全会一致で可決した。/ 決議では「外交交渉以外の手段を示唆する発言がなされたことは極めて憂慮すべき事案であり、多くの道民にとって到底受け入れがたく、強い憤りを禁じ得ない」と批判。日ロの友好交流を推進し、平和条約締結に向け外交交渉を進めることが重要とした。/ 発言を巡っては、根室市議会も抗議決議案を30日の緊急議会で可決する方針を固めている。」

this.kiji.is

丸山議員戦争発言に千島連盟が抗議文「常軌逸し極めて遺憾」

「本年度第1陣のビザなし交流訪問団の一員として訪れた国後島で、戦争による北方領土の奪回に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員に対し、元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟、札幌)が23日、抗議文を送った。/ 抗議文では、訪問団の団長で千島連盟会員の大塚小彌太さん(90)に対し今月11日に、「戦争によって北方領土を取り戻すことを示唆する発言を行ったこと」と「その前後の行動」について、「常軌を逸したもので、極めて遺憾」と非難。また、発言は、元島民や家族の思いを踏みにじるもので、「強い憤りを覚えるとともに、到底容認できない」と、強く抗議している。」

www.hokkaido-np.co.jp


丸山穂高氏の発言は「言語道断だ」 ロシア外務省

「ロシア外務省のザハロワ情報局長は23日、ビザなし交流訪問に参加した丸山穂高衆院議員が北方領土を戦争で取り返す是非に言及したことについて「言語道断だ」と批判した。/ 定例記者会見で日本メディアの質問に答えた。/ ザハロワ氏は、ビザなし交流は日露友好のために行われていると指摘。丸山氏の発言が「一人の政治家の極端な意見なのか日本のエリートの感覚を反映しているのか調べることは重要だ」と述べた。/ 一方、丸山氏の発言後の日本政府や国会などの反応は「良い方向への期待を抱かせる」とし、議員辞職勧告決議案を通じて「妥協のない評価が下されることを期待している」と述べた。」

www.sankei.com

 

2019年5月24日

丸山穂高氏が衆院の事情聴取を欠席

北方領土を戦争で取り返す是非に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員は24日、衆院議院運営委員会が求めた理事会での事情聴取を欠席した。」(前日の報道によると「体調不良」のためとのこと)

this.kiji.is

 

2019年6月5日

丸山議員「糾弾決議案」共同提出へ

丸山穂高衆議院議員の「戦争」発言などを受け、与野党は、「国会議員としての資格はない」などとする『糾弾決議案』を、5日、衆議院に共同で提出します。/ 丸山議員は北方領土でのビザ無し交流中に酒に酔った状態で「戦争」発言やわいせつな言葉を繰り返したほか、禁じられた外出を試み、与党側は当初の「けん責決議案」から、より非難を強めた「糾弾決議案」の共同提出を野党側に呼びかけました。野党側は提出済みの「辞職勧告決議案」と同じ内容と判断し、共同提出に合意しました。/ 「与野党全会一致で院の姿勢を示せればと考えている」(自民党 森山裕国対委員長)/ 「国会議員としての資格はない」と、丸山氏に自ら進退を判断するよう求める決議案は、6日の衆議院本会議で可決される見通しです。」

headlines.yahoo.co.jp

 

2019年6月14日

消えた丸山穂高氏 地元「政治家は立場悪いとすぐ病気」

北方領土返還をめぐり、「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名)。衆院は今月6日、全会一致で糾弾決議を可決したが、丸山氏は体調不良を理由に公の場から姿を消したままだ。/ 丸山氏は5月24日、衆院議院運営委員会の理事会を「体調不良」を理由に欠席。今月6日のツイッターに「任期を全うし前に進んでまいります」と投稿後、更新されていない。/ 12日に丸山氏の東京事務所を訪れると、ドアに「ただいま留守にしております」と掲示されていた。インターホンに反応はなかったが、しばらくすると秘書の男性が出てきた。一連の言動や出処進退に関する質問状を手渡したが、13日までに回答はなかった。」

www.asahi.com

 2019/6/25

丸山穂高議員が1か月ぶりに国会に 改めて議員辞職を否定

北方領土を訪れた際の戦争発言などで、衆議院から「糾弾決議」を突き付けられた丸山穂高衆議院議員が1か月ぶりに国会に姿を現し、改めて議員辞職を否定しました。/ 6月25日午後の衆議院本会議、丸山議員は議場最前列の自らの席に座りました。丸山議員は今年5月に北方領土を訪問した際、コニャックを10杯以上飲み「戦争で領土を取り返す」と発言するなどして所属していた日本維新の会を除名され、衆議院では「自ら進退を判断するよう促す」とする糾弾決議が可決されていました。丸山議員は5月、病気のため休養が必要とする診断書を提出していましたが…/ 「体調は万全ではないが、非常に重要な採決、不信任が出てきたということでこれに対してはきちんと投票するべきだと思った」(丸山穂高衆議院議員)/ 丸山議員は重ねて議員辞職を否定し、残りの任期を全うすると従来の主張を繰り返しました。」

www.mbs.jp

 

 2017/7/14