#立憲民主党 #神奈川県議会議員選挙 戸塚選挙区 イイダツヨシ(@dj2yoc)候補予定者のヘイトツイート保管庫【閲覧注意】→公認取り消し(2019/3/26)

イイダツヨシ(@dj2yoc)氏は、神奈川県議会議員選挙戸塚選挙区の立憲民主党候補です。f:id:odd_hatch:20190326110123j:plain

f:id:odd_hatch:20190326111804j:plain

 

選挙に向けた活動も実行中。f:id:odd_hatch:20190326110132j:plain

 

2019年3月25日現在、ツイッターは非公開になりました。

f:id:odd_hatch:20190326110147j:plain

 

イイダツヨシ氏は過去にヘイトツイートを行ってきました。

【閲覧注意】 記録のためにヘイトスピーチを含む画像を引用しています。閲覧の際はご注意ください。

 

 

ツイート

f:id:odd_hatch:20190326110159j:plain

f:id:odd_hatch:20190326110211j:plain

f:id:odd_hatch:20190326110220j:plain

f:id:odd_hatch:20190326110231j:plain

 

f:id:odd_hatch:20190326111424p:plain

f:id:odd_hatch:20190326111437p:plain

f:id:odd_hatch:20190326111447p:plain

 

本人ブログ記事

f:id:odd_hatch:20190326111836j:plain

f:id:odd_hatch:20190326111848j:plain

f:id:odd_hatch:20190326112541j:plain

f:id:odd_hatch:20190326112921j:plain

f:id:odd_hatch:20190326113559j:plain

 

<参考>

matome.naver.jp

 

2019年3月26日 公認取消、出馬辞退

14:52

山崎誠 立憲民主党神奈川県第5区総支部長のツイート

【緊急のお知らせ】この度、立憲民主党公認で戸塚区より神奈川県議会議員選挙に立候補を予定しておりましたイイダツヨシ(飯田強)氏について、神奈川県連にて公認を取り消す決定をさせていただきましたことをご報告させていただきます。(続く)

多くの皆さまよりご指摘のあった飯田氏のツイッターへの投稿について、本人にも確認したところ、過去に不適切な発信していたことが明らかとなりました。ヘイトや差別的な発言は当然許されるべきことではなく、過去の発言とはいえ、多くの皆様を傷つけてしまったことは重く受け止めなければなりません。

今回の公認につきましては、過去の発言等を確認せずに公認を申請したことに問題がありました。私、総支部長としての責任が重大であり、この場を借りてお詫び申し上げます。今後はこれまで以上に仲間ひとり一人と向き合い大事に党務にあたるようにいたします。

 15:03

神奈川県連は県議選(戸塚区)の飯田強候補予定者がSNS上で過去にヘイトスピーチを繰り広げていたことを理由に、公認取消、出馬辞退を決定致しました。本日の党本部常任幹事会で正式に決定となります。関係各位におかれましては多大なご心配とご迷惑をお掛け致しました事を心よりお詫び申し上げます。
ヘイトスピーチや差別発言は絶対に許されることではなく、過去の発言とはいえ見過ごすことはできません。多くの方を傷付けてしまったことを深くお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

 

2019年3月26日

立憲新顔の立候補予定者がヘイト投稿 神奈川県議選

立憲民主党は、神奈川県議選(29日告示、4月7日投開票)に横浜市戸塚区選挙区(定数3)から党公認で立候補する予定だった新顔の飯田強(つよし)氏(43)の公認を取り消した。福山哲郎幹事長が26日、発表した。同党県連は「SNS上で過去にヘイトスピーチを繰り広げていたため」としている。/ 飯田氏は、過去に繰り返しツイッター上に投稿されていた韓国人などに対する差別的な書き込みについて、朝日新聞の取材に、自身の投稿だと認めた。「面白おかしく投稿すると反応もあって楽しく、本心と違うことも投稿してしまった。党に迷惑をかけ、申し訳ない」と話した。/ 飯田氏が県議選立候補に向けて報道各社に提供した経歴によると、会社員などを経て今年2月から立憲民主党衆院議員の事務所で秘書をしていた。/ 福山氏は記者会見で「2012年前後に、ツイッターでヘイト的な発言をしていたので、公認候補としては不適切として公認を取り消した。我々も反省したい」と述べた。党県連幹事長の青柳陽一郎衆院議員は立候補予定者の調査について、取材に「マンパワーもお金もそうないので、プロのようなきちんとしたものにはならない。足りない部分があったことは認めざるを得ない」と述べた。」

headlines.yahoo.co.jp