【2022/1/28】世界保健機関(WHO)、葛西健西太平洋地域事務局長の人種差別発言などで調査を開始 → 8/31無期限停職と報道

 

2018/10/18

葛西健さん=WHO西太平洋地域事務局長に選ばれた
葛西健(かさい・たけし)さん(53)
 東アジアから南太平洋の島しょ国まで、37の国と地域を管轄する世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局トップに今月選ばれた。「国境を越えてウイルスが猛威を振るう地域。先手の感染症対策がこれまで以上に重要だ」と気を引き締める。

mainichi.jp

f:id:odd_hatch:20220131105115p:plain

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000356467.pdf

f:id:odd_hatch:20220131105207p:plain

https://www.jcie.or.jp/japan/wp/wp-content/uploads/2020/04/0b8eaa6554e0c3c4e9289ed18f8394df.pdf

 

2022/1/28

WHO職員、葛西・地域事務局長を告発…「人種差別的な発言」「機密情報を漏えい」
2022/01/28 19:11
 【ハノイ=安田信介】世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(フィリピン・マニラ)の葛西健事務局長が人種差別的な発言や非倫理的な行為を行ったとして、職員らから告発されていたことが分かった。AP通信が27日に報じた。葛西氏は否定している。
 告発では、葛西氏が会議中にフィリピンなどの職員に人種差別的な発言をしたり、新型コロナウイルスワクチンについての機密情報を日本政府に漏らしたりしたなどと指摘されている。

 葛西氏は事務局を通じて出した声明で、「職員に厳しく接してきたのは事実だが、特定の国籍の職員をターゲットにしたことはない。機密情報を漏らしたとの非難にも異議がある」と反論した。

 WHO本部(スイス・ジュネーブ)は告発を把握しており、適切に対応するという。

 葛西氏は旧厚生省出身で、2019年2月から現職。

www.yomiuri.co.jp

 

2022/1/30

WHO、日本人幹部を調査 「人種差別発言」の告発で
2022年01月30日05時56分

【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は29日の執行理事会で、西太平洋地域事務局の葛西健事務局長が職員に人種差別的な発言を行ったり、ワクチンに関する情報を日本政府に漏えいしたりしたと内部告発を受けた問題について、「調査を行っている」と明らかにした。

 テドロス氏は、まだ話せることは限られているとしたものの、告発を「深刻に受け止めている」と語った。
 AP通信によると、フィリピン・マニラにある西太平洋地域事務局の複数の元・現職員が、匿名で葛西氏を告発。葛西氏が特定の国籍の職員に「人種差別的・侮辱的発言」を行ったほか、取り扱いに注意が必要なワクチンの情報を、日本政府に渡したなどと糾弾しているという。葛西氏は告発内容を否定している。

www.jiji.com

 

2022/2/1

WHOの日本人幹部に人種差別と不正疑惑、米英人などの部下が内部告発
U.S., U.K. Criticize WHO For Not Reporting Alleged Racism, Abuse from Top Official

2022年2月1日(火)17時36分

<国際機関で高い地位にある日本人が、部下たちから人種差別と不正行為で内部告発を受けた。本人は否定しているが、AP通信は証拠の音声テープを持っているという>

WHO(世界保健機関)のある日本人幹部が、人種差別と不正行為で告発された問題で、アメリカとイギリスがWHOに、さらなる説明責任を果たすよう求めている。

この問題は、WHO西太平洋地域事務局の葛西健事務局長が、同事務局で「組織的ないじめと人前でのあざけり」が横行する文化をつくり出したとして、内部告発を受けたものだ。AP通信によれば、アメリカとイギリスの2人の代表者はこの疑惑について、WHOの対応が不十分だと非難した。

アメリカの代表者は、今回の告発は「WHOの基本的価値観と、WHOと世界各地の地域事務局が行っている、人命を救うというきわめて重要な使命を損なうものだ」と批判。イギリスの代表者は、この問題の調査について「報道で知ることになったのは遺憾だ」と述べ、情報伝達がきちんと行われていなかったと述べた。

ジャパン・タイムズ紙は、葛西が行ったとされる行為はWHOで「受け入れられないもの」だという、疑惑発覚当時のサイモン・マンリー英国常駐代表の言葉を報じた。

「WHOにおいても、我々と提携関係にあるいかなる組織においても、人種差別や差別は決して受け入れられない」とマンリーは述べた。「WHOに対しては、全ての不正の疑惑について徹底的な調査を行い、被害を受けた人々に支援を提供することを期待する。これらの報告に対するWHOの対応を注意深く監視し、引き続き最も高い倫理基準を求めていくつもりだ」

AP通信は「会話の録音を入手」
WHOは、内部告発についての調査はきちんと行っていると主張している。WHOのテドロス・アダノム事務局長は最近の理事会で調査が進行中であることを認め、「我々はこれらの疑惑を深刻に受け止めており、緊急性をもって行動している」と述べた。

葛西については、WHO西太平洋地域事務局の30人を超える職員が「人種差別的で、非倫理的で、虐待的な言動がある」として内部告白を行い、AP通信にメールを送った。AP通信は、葛西が異なる国籍の職員たちについて、軽蔑するような発言を行っている会話の録音も入手している。

葛西本人は告発の内容を否定しており、ジャパン・タイムズによれば、彼はWHOの当局者に宛ててメールを送っている。

このメールの中で彼は、「WHO西太平洋地域事務所における、私の管理手法や労働文化に対して疑問が呈されたことを、とても深刻に受け止めている」と述べ、さらにこう続けている。「私は自分自身にも職員にも、多くを求めている。特に新型コロナの問題への対応については、そうしてきた。ただその結果、職員が敬意を欠く扱いを受けたと感じることがあってはならない。今回の問題については厳粛に受け止めており、今後は我々の地域で働く全てのWHO職員のために、職場環境の改善を行っていく考えだ」

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/02/who-127.php

 

2022/8/31

葛西氏、無期限停職と報道 WHO西太平洋地域トップ

 【ジュネーブ共同】AP通信は30日、人種差別的な発言や非倫理的な行動があったと内部告発を受けていた世界保健機関(WHO)の葛西健・西太平洋地域事務局長が、無期限の停職処分を受けていると報じた。/ APによると、テドロスWHO事務局長は26日、マニラにある西太平洋地域事務局の職員宛てのメールで葛西氏について「休暇中」とだけ言及。業務が円滑に遂行されるよう、30日にもヤカブWHO副事務局長がマニラ入りするという。/ WHOは共同通信に対し、葛西氏は休暇中だとして「不在中は、副事務局長が西太平洋地域の職務継続を担う」と説明した。

topics.smt.docomo.ne.jp

WHO葛西氏が休職 人種差別発言の疑惑で内部調査中

WHO=世界保健機関は、日本を含めた東アジアや太平洋地域を管轄する地域事務局でトップを務める葛西健事務局長が休職となったと明らかにしました。/ 葛西氏を巡っては、人種差別的な発言をしたとして内部調査が行われていて関係者は、「休職は公正な調査のためのものだ」としています。/ WHOは30日、日本を含めた東アジアや太平洋地域を管轄する西太平洋地域事務局でトップを務める葛西健事務局長が休職となったと明らかにしました。/ 休職の理由や期間については明らかにされていませんが、WHOは葛西氏に代わって本部のヤカブ事務局次長が、職務を代行するとしています。/ 葛西氏は、感染症対策が専門で2019年から事務局長をつとめ新型コロナウイルスの対策で指揮を執ってきましたが、一部の職員から人種差別的な発言をしたとする批判を受けて、WHOが内部調査を進めていました。/ WHO西太平洋地域事務局の関係者はNHKの取材に対し、「休職は、葛西氏の影響力を排除して公正な調査を進めるためのもので、何らかの結論が出たわけではない」としています。/ 葛西氏は、ことし2月に声明を発表し「特定の文化や国に対する人種差別を行ったという批判は否定する」として調査には全面的に協力する意向を示していました。

www3.nhk.or.jp

 

2022/10/27

WHO葛西氏の任務代行 人種差別発言の内部告発

 【マニラ共同】世界保健機関(WHO)の葛西健・西太平洋地域事務局長に人種差別的な発言などがあったとする内部告発を受け、フィリピン・マニラにある同地域事務局の参加国は25日に特別会合を開き、ヤカブWHO副事務局長が当面、葛西氏の任務を代行すべきだとの結論に達した。WHOが26日明らかにした。/ 会合でテドロス事務局長は告発の調査状況について説明、同地域事務局トップの任務代行を続けるようヤカブ氏に要請したという。/ 葛西氏が人種差別的な発言や出身国を理由にした攻撃的な発言を行っていたとの内部告発は、AP通信が1月に報道し、WHOが調査に乗り出していた。

www.tokyo-np.co.jp

「差別発言」でWHO日本人職員が停職 自民議員らが送った「嘆願書」
 今月初旬、日本から1通の書簡が世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に送られた。WHOに勤務する日本人幹部に下された「処分」について、公正な手続きを求める内容で、差出人は歴代の厚生労働相経験者らだ。「嘆願書」のような書簡の背景には、テドロス氏らWHO内の複雑な思惑が見え隠れする。【神足俊輔】/ 「私たちは、WHO西太平洋地域事務局長の葛西健先生に対する疑惑に対するWHOの対応について懸念を共有するために、この連名で書簡を送ります」/ 書簡は、慎重かつ丁寧な書きぶりで始まる。葛西氏は、今年1月に人種差別的な発言をしたとする内部告発があり、調査の結果、8月から停職処分を受けた人物だ。発言の内容は明らかにされていない。書簡にある「私たち」とは、差出人である、田村憲久氏や塩崎恭久氏、根本匠氏といった歴代の厚労相を含む自民党の国会議員ら8人を指す。

mainichi.jp