【落選運動】日本国民党の鈴木信行 韓国の日本軍慰安婦少女像に「杭テロ」を行って起訴 【閲覧注意】

TOPにもどる ヘイト候補に投票しないでください。ヘイト候補を落選させましょう。 #ヘイト候補落選運動 まとめにもどる

  

 【閲覧注意】記録のためにヘイトスピーチを含む引用を多数行っています。閲覧の際はご注意ください。

 

2012年6月19日 日本軍慰安婦少女像に「杭テロ」

 f:id:odd_hatch:20190318145655j:plain

本人による動画(閲覧厳重注意)

www.youtube.com

2013年2月18日

検察、慰安婦少女像「杭テロ」の日本人を起訴

「ソウル中央地検外事部(部長=イ・ソンヒ)は、日本軍慰安婦少女像に「杭テロ」をした疑いで日本の極右活動家・鈴木信行容疑者(48)を在宅起訴したと、17日発表した。鈴木容疑者は昨年6月、在韓日本大使館前に設置された慰安婦少女像に「竹島(独島の日本語表記)は日本の領土」と書かれた杭を縛り付けて、この動画をブログにアップロードした。同容疑者は軍慰安婦女性から訴えられたが、検察の出席要求に応じず、かえってソウル中央地検に竹島杭を送った。/ 検察は鈴木容疑者が尹奉吉(ユン・ボンギル)義士を侮辱したことに対しては、死者名誉毀損の容疑を適用した。鈴木容疑者は昨年9月、日本にある尹義士の殉国記念碑の前に竹島杭を立てて取った写真をブログに掲載した後、「朝鮮人テロリスト」と書き込んで、尹奉吉義士記念事業会から訴えられた。/ 検察は鈴木容疑者がブログにアップした動画を根拠に犯行事実が明らかだを見て、起訴を決定した。控訴状と召喚状の送達が難しい場合、欠席裁判(被告人不出席裁判)が行われる。実刑が言い渡されると、日本との犯罪人引渡し条約に従って身柄引き渡しの手続きを踏むことになる。しかし、日本側が鈴木容疑者を引き渡してくれるかどうかも不確実であるため、外交イシューになる公算が高い。」

japanese.donga.com

 

2015年5月20日

 “極右派”鈴木信行氏、慰安婦被害お婆さんたちに郵送  ナヌムの家側「明白なテロ行為...警察に捜査依頼する」

f:id:odd_hatch:20190318145735j:plain

「日本のある極右派人物が慰安婦被害者を侮辱する少女像を、日本軍慰安婦被害者お婆さんたちの避難所である「ナヌムの家」に送りつけた。この政治運動家は、2012年のソウルの日本大使館前に設置された慰安婦少女像に「杭テロ」をした張本人だ。/ 京畿道広州(クァンジュ)市退村(トゥェチョン)面にあるナヌムの家は19日午後4時頃、差出人が「維新政党鈴木信行」(50)と書かれた小包を受け取った。箱の中には日本語で「第五種補給品」という文句と共に歪んだ表情で膝の下がない形の少女像モデルが同封されていた。「第五種補給品」とは、日本極右勢力が兵士を相手にする売春女性を呼ぶ用語だ。/ また、郵便物の箱には「竹島(独島)は日本固有の領土」と書かれた大人の人差指くらいの大きさの杭の模型もあった。」

japan.hani.co.kr

2016年4月28日

韓国検察、“慰安婦侮辱”少女像を送った日本の政治運動家を追起訴=韓国ネット「本当に幼稚」「日本政府のゆがんだ歴史教育の産物だ」

「2016年4月28日、韓国・聯合ニュースによると、ソウル日本大使館前の慰安婦像に「竹島は日本固有の領土」と書かれたくいを立てて起訴された日本の政治運動家・鈴木信行氏が、慰安婦被害者らを侮辱した疑いで追起訴されたことが分かった。/ 韓国・ソウル中央地検は同日、元慰安婦の名誉を傷つけた疑いで、鈴木信行氏を追起訴したと明らかにした。/ 検察によると、鈴木氏は昨年5月14〜16日、韓国京畿道にある元慰安婦の共同生活施設「ナヌムの家」やソウルにある「戦争と女性人権博物館」に、「第5種補給品」と書かれた紙と膝の下が切り取られた少女像の模型を送った疑いが持たれている。「第5種補給品」は軍人を相手に性売買する女性をさす言葉。さらに、鈴木氏は「慰安婦制度は韓国政府が自ら試行していた」「慰安婦は商売のために戦場に行った人たち」などと発言する動画をインターネットの動画サイトに掲載し、虚偽の事実を広めた疑いも持たれている。」

www.recordchina.co.jp

2017年12月

東京・葛飾区議選、ヘイトスピーチ繰り返す 差別主義者団体前代表当選

「11月12日に投票が行なわれた東京都の葛飾区議選挙(定数40)で、在日朝鮮人に対するヘイトスピーチを繰り返している差別主義者団体の前代表が当選した。/ この人物は、右翼団体維新政党新風」の鈴木信行前代表。選挙期間中は「外国人に生活保護1200億円ておかしくない?」などというキャッチフレーズを掲げ、36位で当選した。鈴木前代表は2012年6月、韓国・ソウルの日本軍「慰安婦」少女像に「竹島は日本固有の領土」などと書いた杭を縛り付け、同年9月には金沢市にある戦前の著名な朝鮮民族独立運動家の尹奉吉の「殉国記念碑」前に同じような杭を打ち込むなど、極端な反韓国感情による行動で知られている。/ またこれまで、東京都の大久保や川崎市など在日朝鮮人が多く生活している地域で、「朝鮮人殺せ」などと叫んでデモや宣伝活動をする「在日特権を許さない市民の会」(在特会)等の差別主義的団体の活動に加わっていた。今回の選挙では無所属で出馬したが、「在特会」のメンバーが大半の「日本第一党」の「推薦」を受けている。運動員も同「党」が中心で、選挙期間中は「在特会」を創立した桜井誠「党首」も応援に駆け付け、駅前などで「ゴミはゴミ箱へ 朝鮮人朝鮮半島へ」などといったヘイトスピーチを繰り返していた。」

www.kinyobi.co.jp

 

2019年3月18日

慰安婦被害者侮辱の日本人被告 20日に今年初の公判

「旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「少女像」に「竹島は日本固有の領土」と書かれたくいを縛りつけ、被害者らの名誉を毀損(きそん)した罪などで起訴された日本人、鈴木信行被告に対する今年初の公判が20日、ソウル中央地裁で開かれる。被告はこれまでと同様、出席しない見通しだ。/ 鈴木被告は2012年6月にソウル・日本大使館前の少女像にくいを縛りつけ、13年2月に起訴された。ただ、鈴木被告は一度も出廷していない。/ 地裁は鈴木被告を法廷に立たせるため、令状を発付したものの、日本政府が協力せず、執行できずにいる。/ 昨年は韓国検察が法務部に犯罪人引き渡しの請求を求めた。しかし、こうした努力にも鈴木被告は今年も出廷しない可能性が高いと、法曹界はみている。」

headlines.yahoo.co.jp

 

2020/3/25

慰安婦被害者侮辱の日本人被告 韓国での公判またも欠席
記事一覧 2020.03.25 14:35
SHARE LIKE SAVE PRINT FONT SIZE
【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「少女像」に「竹島は日本固有の領土」と書かれたくいを縛りつけ、被害者らの名誉を毀損(きそん)した罪などに問われている日本人、鈴木信行被告の公判が25日、ソウル中央地裁で1年ぶりに再開された。だが被告はこれまでと同様、出廷せず、この日の公判も進展なく終了した。/ 鈴木被告は2012年6月にソウルの日本大使館前の少女像にくいを縛りつけて慰安婦被害者の名誉を毀損し、中国・上海で日本軍首脳部に爆弾を投げつけた独立運動家、尹奉吉(ユン・ボンギル)の殉国碑前にくいを打ち込んだなどとして、13年2月に起訴された。/ 15年5月には慰安婦被害者を支援する施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)などに被害者を侮辱する少女像の模型などを送り、名誉毀損罪などで16年4月に追起訴された。/ だが、鈴木被告は公判に一度も出廷していない。/ 公判が進まない状況が続いたことから、地裁は18年、韓国法務部を通じて鈴木被告に対する犯罪人引き渡しを日本政府に要請したが、日本側は「検討中」としか回答していない。/ 地裁は鈴木被告の出廷を待つとし、次回の公判を来月8日に開くことを決めた。

jp.yna.co.kr

 

2017/12/2 東京新聞

f:id:odd_hatch:20200929105617j:plain

 

2022/3/11

f:id:odd_hatch:20220311161410p:plain

f:id:odd_hatch:20220311161530p:plain

(自動翻訳)

慰安婦少女像にいわゆる「杭テロ」を犯して去る2013年裁判に引き渡された日本極右挨拶鈴木信之(57)さんが再び裁判に出席しませんでした。今回が21回目の不出席です。 

今日(11日)ソウル中央知法刑事1単独(部長判事キム・サンイル)は名誉毀損など疑惑で起訴された鈴木氏の初公判を進行しようとした後、鈴木氏の不出席事実を確認して裁判を延期しました。

裁判部は「犯罪人の引渡請求がまだ進行できないようだ」と検察の確認を要請し、検察は「日本で検討中だと知っている」と答えました。

裁判部は、該当事件がかなり古いとし「次の期日にも不出席する場合、拘束令状を再発行し、司法共助手続による召喚を進める」と明らかにしました。 

鈴木さんは2012年6月、ソウル鍾路区駐韓日本大使館の前に設置された慰安婦少女像に、「竹島(独島)は日本領土」と少ない杭を結んだ容疑などで裁判に引き渡されました。

裁判所が2013年9月23日の最初の期日を取った後、裁判を進行しようとしたが、鈴木氏が継続的に裁判に不出席し、裁判の進行に難航を経験しました。 

結局、裁判所は鈴木氏に拘束令状を発付して指名手配を要請し、2018年9月には鈴木氏に対する犯罪人の引渡を請求したが、日本では非公式に検討中という立場だけ明らかにし、犯罪人引渡手続きが進捗されていません。 

 2013年に起訴された鈴木さんが今年まで10年間、法廷に不出席した回数は21回に達します。 

他にも、鈴木氏は2015年5月、膝下のない少女像模型(高さ12㎝)と日本語で「第5種補給品」と書かれた文章などをソウル市戦争と女性人権博物館と京畿道光州市日本軍慰安婦避難所共有の家に送る慰安婦被害者を侮辱した疑いで起訴されたことがあります

news.sbs.co.kr

2022/3/25

慰安婦被害者侮辱で起訴の日本人が出廷せず 公判1年後に延期=韓国
記事一覧 2022.03.25 13:25
SHARE LIKE SAVE PRINT FONT SIZE
【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「少女像」に「竹島は日本固有の領土」と書かれたくいを縛りつけ、被害者らの名誉を毀損(きそん)した罪などに問われている50代の日本人の男の公判が25日、ソウル中央地裁で開かれたが、被告は出廷しなかった。地裁は公判を来年3月12日に延期した。

被告は少女像に「竹島は日本固有の領土」と書かれたくいを縛りつけた(コラージュ)=(聯合ニュース

 地裁は「(日本に)司法協力を要請したが伝達されず、被告が出廷しなかった」と説明した。司法協力の手続きを踏んであらためて被告を呼び出す。

 被告は、2012年6月にソウルの日本大使館前の少女像にくいを縛りつけて慰安婦被害者の名誉を毀損したとして13年2月に起訴された。韓国の独立運動家、尹奉吉(ユン・ボンギル)の殉国碑前にもくいを打ち込んだ。

 15年には慰安婦被害者を支援する施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)などに被害者を侮辱する少女像の模型などを送り、名誉毀損罪などで追起訴された。

 裁判所はこの日まで22回、出廷を求めてきたが、被告は一度も出廷していない。

jp.yna.co.kr