第4次安倍改造内閣の平井卓也IT担当相、桜田義孝五輪相、原田義昭環境相の失言・失態が(だいたい)わかるまとめ #自民党政治検証

We Remember You. 安倍内閣と自民党の失言・失態・不祥事のまとめ #自民党政治検証にもどる

桜田義孝五輪大臣
独立しました → 桜田義孝五輪大臣 の失言・失態が(だいたい)わかるまとめ #自民党政治検証

柴山昌彦文部科学相
独立しました → 柴山昌彦文部科学相 の失言・失態が(だいたい)わかるまとめ #自民党政治検証

 

2018年10月2日発足の第4次安倍改造内閣

f:id:odd_hatch:20181003093215j:plain

https://twitter.com/lovelovesarah/status/1047282542246674432 から

lite-ra.com

 

 

平井卓也IT担当大臣

2013年7月1日

自民党ネットメディア局長の平井卓也衆院議員がネット党首討論で「黙れ、ばばあ!」などと野党党首らを罵倒するコメントを書き込んでいたと、一部で報じられた。しかし、事務所ではまだ確認が取れていないといい、本人のツイッターなども沈黙したままだ。」

www.j-cast.com

t.co

2013年9月29日

自民・平井卓也衆院議員の息子、現行犯逮捕mamorenihon.wordpress.com

2015年9月11日

「平井たくや衆議院議員(自民・香川1区)が、自身が代表を務める自民党支部を通じて、身内企業である西日本放送と『四国新聞』の関連会社(高松市など)に対して5年間で6200万円を超す政治・選挙資金の支出をしていることが政治資金収支報告書などから判明した。6200万円のうち3400万円は政党交付金などの公金で、平井氏はこれらの支出がされた企業から「役員報酬」「顧問報酬」として多額の金銭を受領していた。メディアと政治家の間で政治資金を還流させ、報道の公正さがゆがめられている疑いは濃厚だ。」

blogos.com

2013年12月3日

「土壌改良や生ゴミの堆肥化、環境浄化など様々な分野に利用されている有用微生物。
その正しい知識を理解し技術を利活用することで、人間や環境に役立てていくことを目的に、有用微生物利活用推進議員連盟を設立し私が幹事長に就任しました。」

平井卓也(ひらいたくや) - 土壌改良や生ゴミの堆肥化、環境浄化など様々な分野に利用されている有用微生物。... | Facebook

 ※ 有用微生物=EM菌

2018年10月3日

 「初入閣の平井卓也・科学技術担当相は3日の記者会見で、科学的裏付けのない有用微生物群(EM菌)の利用を目指す超党派の「有用微生物利活用推進議員連盟」幹事長を務めていると明らかにし、「EM菌を使っている方がたくさんいるので幹事長を引き受けた。中身はよく知らない」と釈明した。」

安倍内閣:初入閣・平井科技担当相は「EM菌議連」幹事長 - 毎日新聞

2018年10月21日

談合企業から12万円献金 平井IT相が代表の自民支部

平井卓也IT担当相が代表の自民党香川県第1選挙区支部が、談合に関わったとして国土交通省に指名停止処分を受けた企業から、2014年に12万円の献金を受けていたことがわかった。平井氏の事務所は「献金を受けた段階では指名停止中との認識がなかった」とし、全額を返金するという。」

www.asahi.com

2018年11月5日

平井卓也内閣府担当相は暴力団系企業から献金 身内企業に政治資金を還流も〈週刊朝日

「平井氏が代表を務める「自民党香川県第一選挙区支部」は、指定暴力団組長がかつて代表を務め、今もその親族が跡を継ぐ高松市内の建設会社A社から2014年~16年までに76万円の政治献金を受けていたことが本誌の調べでわかった。/ 登記簿によるとA社は1978年に創業。今では香川県などの公共事業にも参入する地元の有力な建設会社とされるが、かつては指定暴力団X会の初代組長が代表取締役に就任。その後、組幹部、組長の親族らが役員を務め、現在は名称変更したが、組長の実子が代表を務めている。」

headlines.yahoo.co.jp

f:id:odd_hatch:20181109104824j:plain

2018年11月15日

平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

平井卓也・科学技術担当相(60)=衆院香川1区=が、昨秋の衆院選に伴う選挙運動費用収支報告書に、宛名のない領収書61枚、計約700万円分を添付していたことが毎日新聞の取材で分かった。うち27枚はただし書きも空欄だった。宛名がない領収書は支出額の5割近くに達し、専門家は「支出主体や使途が分からないものは領収書と言えず、公職選挙法に抵触する」と指摘している。【岩崎邦宏】」

mainichi.jp

 

原田義昭環境相

学歴詐称問題
2004年5月にホームページなどで「1976年9月に米国ボストンのタフツ大学大学院(フレッチャー・スクール)卒業」 などとしていたが、必須の単位が一つ足りていなかったことが判明、同月20日に文部科学副大臣を辞任[5]。初当選時の1990年や93年の衆院選選挙公報などで卒業と虚偽記載していた事が発覚[6]、卒業を信じていたとして意図的な詐称ではないと弁明したが、「現認したことがないのは事実だ」として卒業証書を受け取っていないことを認めた[7]。 更に前年の2003年衆院選の際に配布した名刺、法定ビラ、パンフレットなどにも虚偽の学歴を記載していた事が発覚[8]、法定ビラは公職選挙法の上限の個人分と政党分を合わせ11万枚作成していた[9]。」

原田義昭 - Wikipedia

 

2015年10月24日

TBSラジオ荻上チキ・Session-22』が、その南京大虐殺の記憶遺産認定に批判を続けている原田委員長に直撃し、荻上チキ氏によるロングインタビューの模様を22日に放送。その結果、自民党や原田委員長が南京大虐殺について基本的な知識すら持っておらず、ネトウヨ並みの感情論でしかものを言っていないことが露わになってしまったのだ。」

news.biglobe.ne.jp

t.co

 

2015年12月28日

自民党国際情報検討委員会の原田義昭委員長は28日、慰安婦問題で日韓両政府が合意したことについて「受け入れがたい。この内容では国民も納得しないのではないか」と批判した。/ 日本政府は安倍晋三首相が元慰安婦にお詫びと反省を表明することや、元慰安婦支援に約10億円を拠出することを約束した。/ 原田氏は「関係修復というが、関係悪化の原因をつくったのは韓国側だ。それなのに日本側がわざわざ韓国に赴き、妥協して合意する必要はなかった」と述べた。」

www.sankei.com

f:id:odd_hatch:20181002220454j:plain

f:id:odd_hatch:20181002220413j:plain

「(2018年9月)19日、都内で保守系団体が開催した講演会で自民党原田義昭衆議院議員が韓国の文在寅大統領の名を統一教会・家庭連合の教祖と混同、言い間違えていたことが判った。」

dailycult.blogspot.com

 

f:id:odd_hatch:20181002220814j:plain

2019/7/3

原田環境大臣が詐欺師と「太陽光ビジネス」

原田義昭環境大臣(74)が、詐欺で有罪判決を受けた人物と、太陽光発電に絡むビジネスを行っていたことが「週刊文春」の取材で判明した。/「週刊文春」が入手した〈平成26年度 太陽光発電マイスター 太陽光発電技能者養成講座〉と題するパンフレットには「一般社団法人全国太陽光発電推進協議会(以下・協議会)代表理事」として、「衆議院議員 原田義昭」の名前と顔写真とともに、こんな一文が記されている。/〈「太陽光発電マイスター認定制度」につきましては、近い将来国家資格に昇格させることも視野に、充実した内容にしてゆく〉/ この協議会は、太陽光発電システムの高度な施工技術や専門知識を持った人材を育成してマイスターとして認定、早ければ2018年にもそれを国家資格に格上げすると謳っている。 / その〈合格のための必須教材〉として、DVD教材などを約10万円で販売するビジネスを行っていたのだが、今に至るもそのような国家資格は存在しない。さらに問題なのは、原田大臣が組んだビジネスパートナー・Xの経歴だ。/ Xは、2006年に語学教材の販売をめぐる詐欺容疑で逮捕、起訴され、有罪判決を受けた。立件された分以外にも、約2500人に約15億円分の教材を売りつけた疑いがあり、「組織的に詐欺行為を繰り返した会社の頂点に立ち、犯行を積極的に主導した主犯格」と判決で指弾されている。「これで米大学の卒業資格が得られる」などと虚偽の誘い文句で語学教材を高額で販売した詐欺事件の構図は、太陽光発電関連教材のケースと瓜二つだ。」

bunshun.jp